real people, real solutions, real performance.

成長の3原則

東京センター長/マネージャー 尾原貴弘

大連入力センターの立上げ

  • 入社後すぐに大連入力センターの立上げに参画、パソコンを全く使ったことのないアナログ人間だったが、独学でエクセル等管理に使用するソフト操作をマスター。
  • 中国人スタッフとのコミュニケーションが上手くとれないことや、自身の確認漏れなどにより、納品データがボロボロで担当する8社のお客様から毎日毎日お叱りを受けた。必ず半年以内にミスのない業務フローを確立すると明言し日々努力した。

新プロジェクトの業務設計

  • 各国の常識や考え方の違いを理解し、伝え方や接し方を変えた。また、全てのデータを自らチェックし、ミスが起こらないルールを作成するなどし、半年後には業務のミスがほぼなくなった。お客様から感謝のお言葉をいただけるようになった。
  • 入力センター立上げの経験を活かし、日払いの給与計算サービスの業務およびシステム設計に携わるなど、新プロジェクトを 任されるようになった。

東京センター長

  • 現在は、東京センター長としてコールセンター業務及びスキャン業務を管理。大連でデータ入力業務を行うための資料は、東京でスキャンしデータで転送しているため、大連センター長との密な連携が必要となる。日本にいながら週1で大連スタッフと会議をし、中国業務をもマネジメントしている。
  • 昨年末に結婚もし、公私ともに充実している。
マスターピース・グループの5つのキーワード